2012年12月21日

煌めく歌声

 
 
東京ヴォイシズ
クリスマスコンサート2012へ。
(20日、ミューザ川崎・市民交流室)
 
東京ヴォイシズはダブルカルテットのヴォーカルアンサンブル。
立川のカヴァレリアでご一緒した齋藤佳奈子さん(MSop・ルチア役)に今回お誘いいただいた。
市民合唱団の男声を支えてくださった荒木俊雅さん(Ten)もここのメンバー。
 
 
林光編曲の日本抒情歌集からポピュラーなクリスマスソング、讃美歌、そしてJ.ラターの作品まで、美しい歌が目白押し。
特に僕の心に残ったのが
武満徹「死んだ男の残したものは」…林光編(未出版とのこと)
ラター "The Lord bless you and keep you"
 
ダブルカルテットは、いわゆる「合唱」という形態の基本形だと思う。
響きの「厚み」そして「純度」をともに究めることのできる編成。
(SopとAltを一人ずつ増やしたらバランスは更に良くなるかもしれない)
 
(女声コーラスをバックに「ママがサンタにキスをした」熱唱する荒木さん)
 
齋藤さん、荒木さん、
楽しいひとときをありがとうございました。
 
posted by 小澤和也 at 00:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。