2014年05月31日

話芸で心に栄養を

 
立川談慶師匠のネタ下ろし独演会へ。
(30日、上野広小路亭)
落語を寄席で聞くのは初めての体験。
 
大通りを挟んで向かいの百貨店では、奇遇にもこんな感謝セールが(笑) 
 
開演前、すでに大入り。
 
前半、まず与太郎噺(題名は失念)で軽く笑いのウォーミングアップ。
さすが、寄席のお客さんは "感度" が鋭い!
 
そしてネタ下ろしの『壺算』。
中盤以降、畳み掛けるように盛り上がるさまが痛快。
ただ…
噺自体がそうなっているからだと思うが、ラストシーンが往年のドリフのコント(水ザバー!金だらいゴーン!天井ドスーン!)のようなドタバタになって、こちらの耳と頭がついてゆくのに一苦労だった。
 
休憩を挟んで、いよいよ『妾馬』。
やっぱり人情噺は…いいなあ。
この噺、父がラジオから録ったカセットテープ(柳家小さん)で子供の頃よく聞いた、僕にとって親しみ深いもの。
先代小さん師匠の、いわば静的な様式としての美しさをもった語り口に対し、今日の談慶師匠の妾馬は実にダイナミック!
大風で草木が根こそぎ持っていかれるように客席が揺れ、笑いが巻き起こっていた。
 
しかし、この噺はそれだけでは終わらない。
初孫(=妹が産んだお世継ぎ)を老母に一度抱かせてやりたい…と主人公がしんみりと呟く場面。
静まり返る会場。
僕の席の近くで聞いていた若い女性(高校生風?母娘連れで来ていたようだ)、肩を震わせつつハンカチで目頭を押さえている様子だった。
 
素晴らしき哉、話芸の力…!
 
心にたっぷりの栄養を摂ったような、ほっこりと満たされたひとときだった。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。