2024年05月08日

“An die Freude” に寄せて

1824年5月7日、
ケルントナートーア劇場 (ウィーン) にて
ベートーヴェン作曲
“シラーの頌歌「歓喜に寄せて」による終結合唱を伴う大交響曲”
が初演される。

シラーが「歓喜に寄せて」を書いたのは1785年晩秋のことである (25-26歳)。
その頃の彼はマンハイムでの亡命生活を余儀なくされ、経済的にも行き詰まっていた。
そこに手を差し伸べたのが、以前にシラーへファンレターを送っていたライプツィヒのケルナーとその友人達である。
彼らはシラーの窮状を知るや即座に彼を招き入れ、数年間にわたり生活面・金銭面での援助を惜しまなかった。
こうした温かな友情への感動を『不滅の友愛の記念碑』(内藤克彦氏の著作より)として歌ったのが “An die Freude” である。

1803年の「シラー自選詩集」によれば「歓喜に寄せて」は全8節、96行から構成されている。
各々の節は8行の先唱部分プラス《合唱》と記された4行が続く形をとる。
そしてベートーヴェンが付曲したのは全96行中のうち36行、全体の4割足らず ─ 特に詩の後半部は全く用いられていない ─ なのだ。
(それでもベートーヴェンによるその “4割” の選り抜き方は実に見事だなと個人的には思う)

先日、縁あってシラーの原詩にじっくりと向き合う機会を得た。
以下に拙訳を掲げる。
太字がベートーヴェンによって採用された部分であるが、今回それ以外の60行を改めて知ることができたのは僕にとって大きな喜びであった。



歓喜に寄せて
フリードリヒ・シラー


歓喜よ、神々の美しい閃光よ、
天上の楽園から来た乙女よ!
私たちは炎に酔いしれつつ足を踏み入れる、
聖なる者よ、そなたの聖所へ。
そなたの不思議な力は再び結びつける、
時流が厳しく分け隔てたものを、
すべての人間は兄弟となる、
そなたの柔らかな翼の憩うところで。

《 合 唱 》
抱き合おう、何百万の人々よ!
この口づけを全世界に!
兄弟よ、 星空の上に
愛する父は住みたもうに違いない。


ひとりの友の友になるという、
大きな成功を勝ち取った者、
一人の優しき妻を得た者は、
喜びの声を互いに合わせよう!
そう、この地球上でたった一つの魂でも
自分のものだと呼べる者も (声を合わせよう)!
そしてそれを成し得なかった者はひっそりと
泣きながらこの集いから出てゆくがよい!

《 合 唱 》
この大きな環に住む者は
共感を尊べ!
それは (私たちを) 星々へと導く、
あの未知なるものの鎮座するところへと。


この世に生くるものはすべて
自然の乳房から歓喜を飲み、
善き者、悪しき者、みな
自然がつくったバラの道をたどる。
歓喜は私たちに口づけとぶどうの枝と、
死の試練を受けた一人の友を授ける、
肉欲は虫けらに与えられ、
智天使ケルビムは神の御前に立つ。

《 合 唱 》
ひざまずくか、何百万の人々よ?
創造主を予感するか、世界よ?
星空の上に主を探し求めよ、
星々の彼方に主は住みたもうに違いない。


歓喜は永遠の自然の中の
力強い発条である。
歓喜が、歓喜こそが回す
大いなる世界時計の歯車を。
それは蕾から花々を、
天空から恒星たちを誘い出し、
それは天球を回す、
先見者の遠眼鏡もまだ見ぬ宇宙の中で。

《 合 唱 》
天空の華麗なる地図の中を
星々が楽しげに翔けゆくように、
兄弟よ、自らの道を進め、
勝利へと向かう英雄のように喜びに満ちて。


真理の炎の鏡の中から
歓喜は探究者へ微笑みかける。
徳の険しい丘の道へと
それは耐え忍ぶ者を導く。
信仰の光輝く山々の頂に
歓喜の旗が風にはためくのが見え、
打ち砕かれた棺の裂け目を通して
それが天使の合唱の中に立つ (のが見える)。

《 合 唱 》
勇気をもって耐え忍ぶのだ、何百万の人々よ!
よりよい世界のために耐え忍ぶのだ!
あの星空の上で
大いなる神が報いたもうであろう。


人が神々に返報することはできないが、
神々と等しくあろうとするのは素晴らしいことだ。
悲嘆 (に暮れる者) も貧困 (に喘ぐ者) も手を挙げ、
愉快な者たちとともに楽しもう。
遺恨や復讐は忘れよう、
不倶戴天の敵も赦そう。
涙を彼に強要することのないよう、
悔恨が彼を苛むことのないよう。

《 合 唱 》
罪科の帳簿などは捨ててしまおう!
全世界が和解しよう!
兄弟よ、星空の上で
神が裁くのだ、私たちが裁いたように。


歓喜が杯の中に湧き出る、
黄金の葡萄酒のうちに
残忍な者たちは優しさを飲み、
絶望 (する者たち) は力強い勇気を (飲む)。
兄弟よ、お前たちの席から飛び上がれ、
なみなみと注がれた大杯が巡ってきたときには、
その泡を天に向かって撒き散らそう。
このグラスを善き精霊に!

《 合 唱 》
星々の渦が褒めたたえるもの、
熾天使セラフィムの賛歌が褒めたたえるもの、
このグラスを善き精霊に
星空の上のはるか彼方にある善き精霊に!


重い苦悩にあっては確固たる勇気を、
無実 (の者) の涙するところには救いを、
堅い誓いには永遠を、
友にも敵にも真実を、
王座の前では男子の誇りを ─
兄弟よ、たとえ財産や生命にかかわろうとも ─
功績には栄冠を、
偽りの悪党には没落を。

《 合 唱 》
この神聖なる集いをより密に、
黄金の葡萄酒にかけて誓おう。
この誓約に忠実であることを、
星々の審判者にかけて誓おう!


(訳: 小澤和也)
posted by 小澤和也 at 02:45| Comment(0) | 日記

2024年03月25日

『愛の妙薬』ご来場御礼

image1.jpeg


立川市民オペラ 2024『愛の妙薬』、おかげさまで二日間の公演を無事終えることができました。
お運びくださったみなさま、応援してくださったみなさま、そして心に留めてくださったみなさまに御礼申し上げます。

僕は今年もまた誰も知らない、誰も見ることのない真っ暗な空間 (でも僕にとって愛すべき職場です)より華の舞台へ向けて、ペンライトでもってひたすら指揮をしていました。
市民オペラ合唱団、素晴らしい歌声を聴かせてくださいました...Bravissimi!!

2019年『こうもり』以来5年ぶり “本来の” オペラ形式で、オーケストラもピットに入っての公演となりました。
元の形に戻す...それだけでも簡単なようで決してそうではなかったでしょう。
主催ならびに関係の方々のお骨折りはさぞ大変なものだったと思います。

コーラスサポートのみなさんには今回も大いに助けていただきました...ありがとうございます。
そして盟友、音楽スタッフの仲間たちにも心からの感謝を!
posted by 小澤和也 at 23:05| Comment(0) | 日記

2024年02月10日

世界のオザワ

image0.jpeg


202426日。

指揮者・小澤征爾、都内の自宅にて死去。

享年88歳。


嗚呼。

ついにこの日が訪れてしまった。



10代の僕にとってあなたは正にアイドルであり、それ以降はその存在自体が僕の人生における “指標” であった。

北極星のように、遠くにありながら常に方向性を示してくれる方であった。



ドキュメンタリー “OZAWA”

https://m.youtube.com/watch?v=X3OiEdS5-9Y

1985年の作品。

この番組をVHSに録画して何百回観たことか。

ヨーヨー・マとの対談中、突然の「カメラ止めてよ!」。

酔っ払って熱く説教する小澤さんとどこか冷めた十束尚宏さんの不思議なやり取り。

指揮レッスン生に向かっておどけながら「(それじゃ) 18分茹でたパスタ(みたいな指揮だよ)!」

etc. etc.


ぜんぶ憶えている。



小澤さん、

ありがとうございました。

そして長い間おつかれさまでした。

どうぞ安らかに。

posted by 小澤和也 at 00:19| Comment(0) | 日記

2024年01月01日

新年のご挨拶

image0.jpeg


新年あけましておめでとうございます。

昨年はペーテル・ブノワ研究会 (PBI =Peter Benoit Instituut) を立ち上げ、PBIヴォーカルアンサンブルの自主公演を敢行しました。
次回、いよいよ悲願である “Requiem-mis” の上演に向け、本年はその準備に邁進する所存です。

みなさまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
今後とも『音楽ノート』をどうぞよろしくお願いいたします。

令和6年元日 小澤和也
posted by 小澤和也 at 21:40| Comment(0) | 日記

2023年11月23日

ファンファーレオルケスト初体験

image0.jpeg

洗足学園音楽大学ファンファーレオルケスト 第35回定期演奏会
(11月17日、洗足学園 前田ホール)
を聴く。

ファンファーレオルケスト (以下FO)、呼び名だけは知っていたものの、実際の演奏に触れるのは今回が初めて。
ブリティッシュスタイルのブラスバンドに近いのだろうと勝手に想像していたのだが、いざ聴いてみて驚いた。
(サキソフォンが加わるだけでこれほどにしなやかな響きになるのか...!)

指揮がJ. ヴァンデルロースト、そしてメインプログラムが氏の自作やP. スパークの最新作ということで、それだけでも魅力たっぷりなコンサート。
だが僕にとってのこの日いちばんの “お目当て” はペーテル・ブノワの『幻想序曲』であった。
(ブノワがFOのために曲を書いていたとは不覚にも知らなかった)

《Peter Benoit: Ouverture fantastique》
1856年、ブノワ21-22歳の頃の作品。
カラビニエリの楽隊のために書かれた。
(管楽器奏者であった弟エドモントの入隊に際しての便宜への返礼に、ということらしい)
ゆったりとした序奏を伴った典型的なソナタ形式。
ウェーバーやメンデルスゾーンなどの初期ロマン派のスタイルを思わせる。
序奏〜主部とヘ短調を軸に進み、最後にヘ長調に転じて大団円...という流れはベートーヴェン『エグモント序曲』と同じ。

アドルフ・サックスによるサキソフォンの発明が1840年代 (特許取得が1846年)、その後FOがベルギーやオランダで普及していったのが19世紀後半以降であるから、ブノワの『幻想序曲』はこのジャンルにおける最初期の作品のひとつということになるだろう。

プログラム前半では管弦楽曲のいわゆる「編曲モノ」(オッフェンバック&サンサーンス) も演奏されたが、この手のナンバーは演奏以上に「アレンジ」が上手くないと聴いていて楽しめないな、というのが正直な感想。
後半のオリジナル作品はどれも素晴らしかった...
中でも『ノッキング・アット・ヘヴンズ・ゲート』、そしてアンコールで (2度も!) 演奏された『モンタナ』。

コンサート全編を通してサックス (殊にソプラノ) の存在感が絶大だった。
一方で、フリューゲルホルンはどのように使われどう聞こえるべきなのかが最後までよく分からなかった...少なくとも僕の席からは。

〜などとついつい仕事人の耳で聴いてしまったけれど、終わってみればとても幸福なFO初体験であった。
posted by 小澤和也 at 00:48| Comment(0) | 日記

2023年10月12日

ブルックナーの命日に

1011日はブルックナーの亡くなった日。

(1896年没)

何かCDを聴こうかとも思ったのだけれど、昨日の『ブロムシュテットさん来日見合わせ=N響とのブルックナー公演中止』の報が未だ胸に重くのしかかり、今ひとつ気分がのらない。


その代わりにこちらを聴くことにした。


NHK-FM

《大作曲家の時間 ブルックナー》

最終回

(Youtubeにアップされている音声)

番組前半

https://m.youtube.com/watch?v=O_yoRr9gEkQ

番組後半

https://m.youtube.com/watch?v=hrP5Hv9x7A8


31回にわたってオンエアされたシリーズ最終回は第9交響曲の第3楽章を、土田英三郎氏の綿密な解説とともに聴くものであった。

(当時はこのような専門的・学術的な内容の番組がリスナーにおもねることなく放送されていたのだと思うと感慨深い)


前半ではアダージォの全編にわたる解説ののちシューリヒト&ウィーン・フィルの名録音が流され、後半は未完に終わった第4楽章のスケッチをこの放送のためのピアノ演奏 (pf: 草野裕子を用いて紹介してゆくという実に貴重な記録


録音を聴きながら改めて調べてみると...

この《大作曲家の時間 ブルックナー》は19839月〜翌年3月の放送だったようだ。

土曜朝の番組だった記憶がある。

当時僕は高校生、毎週オーディオタイマーをセットして登校、帰宅してから貪るようにエアチェックを聴いていた。


この最終回も部分的にではあるがよく憶えている。

上述の第4楽章フィナーレスケッチのピアノ演奏があたかも「最後の審判」の場面のように僕の心をえぐったのだ。

1楽章のそれ以上に激しく厳しい第1主題、少しも歌謡的でない第2主題、壮麗な呈示部結尾のコラール主題と順に聴き進みつつ、(ブルックナーがいかに巨大なフィナーレを構想していたかに思いを馳せる。

さらに第1主題モティーフによるフーガの主題が紹介された後、コラール主題の再現が18小節にわたって鳴り響き...


演奏は突如停止。


(これでブルックナーの楽譜は終わっています...これ以後はコーダを含めてまったく書かれていません」

(土田氏のナレーション)


ブルックナーの筆が止まった瞬間...

この部分を繰り返し聴いてはいつも泣きそうになっていたおかしな少年だったことをここに告白する。


あれから40年経った今でもいわゆる「第4楽章の補筆完成版」に一向に食指が動かないのは、この体験が原因かもしれないな、と思ったりもする。

そしてもし...

「愛する神」がブルックナーにこのフィナーレを書き上げるだけの時間をお与えになっていたら...

posted by 小澤和也 at 01:42| Comment(0) | 日記

2023年10月05日

守るべきもの、そして「よき聴き手」であること

image0.jpeg


第22回 小金井音楽談話室
ヴィルタス・クヮルテット定期演奏会
を聴く。
(10月4日、宮地楽器ホール 小ホール)

前回公演 (メンデルスゾーン&ツェムリンスキー) が昨年11月であったと記憶しているのでほぼ一年ぶり。
このシリーズの素敵な点はまず何といっても “演奏者との距離感” である。
ヴィルタスの皆さんの息遣いや視線のやり取りがひしひしと伝わってくるのだ。
そしてもうひとつの魅力がこのコンサートのディレクターでご案内役を務められている足立優司さんの楽曲解説だ...そう感じているのは僕一人ではないはず。

この日のプログラムは
モーツァルト: ニ長調KV499
バーバー: ロ短調Op.11
ブラームス: イ短調Op.51-2
という幸福感あふれるもの。

いわゆる「ハイドン・セット」全6曲ばかりが注目されとかく影の薄い印象のあるこの四重奏曲だが、ヴィルタス・クヮルテットの演奏はしなやかさと力強さを併せもった実に見事なモーツァルト解釈であった。

続くバーバーはやはり中間楽章モルト・アダージォが白眉。
僕の愛聴ディスクであるクロノス・カルテットの演奏がついつい脳裏をよぎってしまった(コンサートのきき手として決して褒められた態度ではない) のだが、静謐感を前面に出したクロノスのアプローチに対し、この日の演奏はあたかも作曲当時のバーバーの心情にとことんまで共感し尽くしたような熱い音楽であった。
悲痛なクライマックスから突然の静寂を経たのちに回帰する主題、ここでは冒頭と異なりヴァイオリンに加えてヴィオラがユニゾンで加わるのだが、心もち強く奏されたその1オクターヴ下の、すべてを包み込むような深い響きに打たれた。

そしてブラームス。
交響曲と同様、「偉大過ぎた先人」のあとに何ができるのかという苦悩にも似た重圧とそれに対するブラームスの見事な解答をしっかりと音化した演奏を存分に堪能した。
さらには、全曲を通して ”すべてあるべき箇所にピタリと決まった“ 内声を聴かせてくださった2ndヴァイオリン・對馬佳祐さんに心からの “ブラーヴォ!” をお送りしたい。

帰途、電車の中でプログラムノートに改めて目を通す。
『〜いつの頃からかそれ [=音楽文化] は守り伝えていくものではなく ”消費“ される対象となり、かつて文化の最も洗練された姿のひとつであった芸術がその身にまとっていた輝き (アウラ) も、既に失われて久しい』
『音楽が美しく作曲され、演奏されたとしてもそこに聴き手がいなければ、音楽は「目的」を持ち得ない』
足立さんの紡ぐ言葉の数々に、この日の演奏に劣らぬほどの感銘を覚えたのだった。
(プログラムノートより引用させていただきました)

佳い時間でした。
ヴィルタス・クヮルテットの皆さん、足立さん、ありがとうございます。
posted by 小澤和也 at 01:03| Comment(0) | 日記

2023年09月27日

“Hoogmis” ご来場御礼

image1.jpeg


PBIヴォーカルアンサンブル第1回演奏会

ペーテル・ブノワ『荘厳ミサ』

おかげさまをもちまして盛況のうちに終演いたしました。

(2023年9月23日 @ピアノスタジオフィックス立川)


ご来聴くださいました皆さま、スタッフならびに後援を賜りました皆さま、そして本公演の開催にに関わってくださいましたすべての皆さまに厚く御礼申し上げます。


その他画像のリンクはこちら↓


未だ構想の段階ではありますが、第2回公演としてブノワ「宗教曲四部作」中の白眉、『レクイエム』(おそらくは日本初演) を皆さまにお届けしたいと考えております...どうぞご期待ください。


今後ともペーテル・ブノワ研究会をどうぞよろしくお願い申し上げます。


posted by 小澤和也 at 22:41| Comment(0) | 日記

2023年09月05日

雑感・免許更新講習

image0.jpeg


5年ぶりに運転免許更新講習を受けました。
最初に流される講習VTRをはじめて “全く退屈することなく” 観ることができたような気がします。
(数字のデータやグラフの羅列ばかりでは心に響きませんものね)
ドライブレコーダーの普及によって「ホンモノの事故の瞬間」の画像が多く用いられていて驚きました。

話がいきなり脱線しますが...
今回観た教育映像、冒頭に
「製作/東映株式会社」
とあってびっくり!
画面が一瞬暗くなった後、
海...荒波...大きな岩...ザッパーン!
...そして ”東映“ のあのロゴマーク!
(映画館やTVで観る東映映画と同じつくりなのか!)
と二度目のびっくり。

実際にハンドルを握る機会が激減したからというのもありますが、今回はVTRを観ながら(運転って怖い...) と強く感じました。
自身の運転技能の衰えもさることながら、スマホながら見自転車、危機意識の希薄な高齢歩行者、さらにはいわゆる “あおり運転” 者(車)の増加など、周囲の状況が昔とはまるで変わったなぁ、と思ったわけです。

講師の方の話術の巧みさも印象に残りました。
終始とても腰が低く丁寧な語り口 (言葉遣いなどに難癖をつけるモンスター(?)受講者が少なくないのかしら...などとついつい邪推)、聴く側を飽きさせまいとするスムーズな進行、などなど。
講義の中心は万一 “あおり運転” に遭遇した際の対策 (ドアや窓を開けて応対しない、その場で警察へ連絡 etc.)、とそして自転車保険の重要性について。
あっという間でしたがためになる30分間でした。

再度脱線。
VTRのエンドロールに
「映像提供/東京農工大学」
のテロップが出てきて三たびびっくり!
『スマートモビリティ研究拠点』という組織が学内にあるのですね。
「映像記録型ドライブレコーダによるヒヤリハットデータベース」を持っているとのこと...なるほど。
posted by 小澤和也 at 22:24| Comment(0) | 日記

2023年08月20日

シャガールの版画展へ

image0.jpeg


「マルク・シャガール 版にしるした光の詩」(世田谷美術館) を鑑賞しました。

シャガールとの出会いは遥か遠い学生時代。
ようやく普及してきたCDでラヴェルのバレエ音楽『ダフニスとクロエ』を好んで聴いていた時期がありました。
同じ頃にシャガールの同名のリトグラフを、そしてこれらの原作である古代ギリシャの恋愛物語の存在を知って夢中になった記憶も。
自分の五感に新しく響いてくるものすべてが美しかった “佳き時代” でした。


初期のエッチング『ラ・フォンテーヌ寓話集』、木版による『ポエム』、リトグラフ『サーカス』などさまざまな手法を用いた興味深い作品の数々をゆったりとした気分で味わいました。
(入場者数を時間で区切ってコントロールする「日時指定」の方式は素晴らしいアイディアだと思います)
『〜寓話集』だけはあともう少し明るい照明のもとで観たかったかも。

圧巻はやはり『ダフニスとクロエ』でした。
全42点を通しで体験するのは初めて。
なんという色彩!
なんという幻想世界!
僕の中にある「官能のパレット」が掻き回され、調えられ、総取り替えされてゆくような不思議な感覚に誘われました。

会期は来週いっぱいですが、(もう一度観たい!) という衝動を抑えきれなくなりつつ今これを書いています。
posted by 小澤和也 at 09:22| Comment(0) | 日記