2018年09月20日

ヴォーカル・アンサンブル アラミレ

 
ヴォーカル・アンサンブル アラミレの演奏会へ。
(15日、大森福興教会)
 
ピエール・ド・ラ=リュー...今回初めて知り、聴いた作曲家である。
Pierre de la Rue (1452ca-1518) はジョスカンやイザークと同時代に活躍したフランドル楽派の作曲家。
今年が没後500年のメモリアルイヤーにあたる。
 
この日演奏されたのは彼の「ミサ《ロム・アルメ》」。
“アラミレ” のリーダーであるテノール・櫻井元希さんの文章 (演奏会パンフレット) によると
『これ以上複雑で多彩なミサ曲を、同時代の作品から見出すことは相当な困難を伴うものと思われます』
とのこと。
またこのパンフレットには頻繁に「メンスーラ・カノン」なる用語が登場する。
メンスーラ (mensura) を直訳すると定量記譜法における異なる音価同士の関係、そしてメンスーラ・カノンとは一つの旋律を2つ以上の声部が異なる音価 (すなわち異なるテンポ) で奏する音楽形式である。
 
パンフレットに目を通し、また開演前の櫻井さんのプレトークを聞きながら、僕は爛熟した、ある種マニエリスム的で技巧に溺れたような音楽を想像していた。
しかしいざ演奏が始まると、そんな不安はまったくの取り越し苦労だった。
定旋律である《ロム・アルメ》(武装した人) はさまざまに変容を遂げ、ラ=リューの紡ぐメロディラインは流麗でありながら実に自然、技巧的であってもぎこちなさは一切感じられない。
(このような作曲家を知らなかったとは...!)
正直なところちょっぴり悔しかった。
 
 
“アラミレ” の皆さん (Superius3・Contratenor4・Tenor3・Bassus3の計13名編成) の歌唱はほんとうに素晴らしかった。
単に楽曲そのものの美しさを引き出すだけでなく、意思を持った (それは取りも直さずリーダー櫻井さんの “歌心” であろう)「人が人に伝えるために存在する」音楽となっていたように思われる。
 
ゆったりと、佳い時間であった。
お誘いくださったメンバーIさん、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:15| Comment(0) | 日記

2018年09月12日

コープマンのバッハ

 
 
 
新日本フィルの演奏会 (トン・コープマン・プロジェクト2018) を聴く。
(9/6@トリフォニーホール)
 
プログラムは彼の十八番であるバッハ。
管弦楽組曲とブランデンブルク協奏曲の組み合わせというゴージャスなものである。
 
 
グイグイとオーケストラをドライヴするコープマン。
新日フィルも出だしこそ慎重な構えだったが、次第にマエストロと一体となって “スウィングするバッハ” を奏でていた。
 
プログラム中、飛び抜けて秀逸だったのがブランデンブルク協奏曲第3番。
ヴァイオリン、ヴィオラ&チェロ各3、コントラバス1+コープマンのチェンバロ弾き振り。
オーケストラは各パート1名、チェロを除いて立奏...音楽的にももちろん愉しめたが、それ以上にメンバーお一人お一人の波打つような身体の動きに心底魅せられた。
(この日一番の収穫がコレかも...目で聴くバッハ!)
コープマンの通奏低音も即興の連続。
グリッサンドあり、ノイズのような刺激的な連打ありで実にノリノリ!
同じく協奏曲第1番ではホルンのキラキラとした、それでいて上品な響きを堪能、2曲の管弦楽組曲で大活躍したトランペット&ティンパニも素晴らしかった。
 
アンコールはヘンデル/王宮の花火の音楽〜歓喜 (La Réjouissance)。
当然バッハが演奏されるだろうと思っていた僕は一瞬「!」となったのだが、もしかしたらこの日最初に演奏された組曲第4番の終曲 (これも”Réjouissance” と題されている) とひびき合うように置かれたのかも...
などと思ったり。
 
幸福感に満ちたひと夜であった。
 
(ブランデンブルク協奏曲第3番の1ページ。
こうしてみるとスコアもスウィングしている)
posted by 小澤和也 at 00:22| Comment(0) | 日記

2018年09月04日

ブルックナーの小宇宙

 
今日は久しぶりの終日オフ。
そして...アントン・ブルックナーの誕生日。
(1824年生)
 
けさ、何か聴こうと考えたのだが、シンフォニーという気分ではなかった。
そこで選んだのがこの「モテット集」。
 
 
ブルックナーは敬虔なカトリック教徒であった。
そして作曲家としての自覚が芽生えるずっと以前より最晩年に至るまで、生涯を通じて多くのモテットを書く。
交響曲だけではない、彼のもう一つの小宇宙。
有名な「アヴェ・マリア」(1861年作曲)をはじめ、「この所を作り給うたのは神である」(1868)、「正しい者の口は智恵を語り」(1879)、「王の御旗は翻る」(1892) など、珠玉の名品が綺羅星の如く並ぶ。
 
このディスクには他に、僕の大好きな、しかしあまり知られていない2曲が収められている。
1842年作曲のいわゆる「ヴィントハーク・ミサ」、アルトとオルガンのための「アヴェ・マリア」(1882) である。
 
ヴィントハークとは17歳で助教師となったブルックナーの最初の赴任先の地名。
アルト独唱と2本のホルンおよびオルガンのためのこのミサ曲は全曲を通しても10分前後、冒頭のキリエから終章アニュス・デイまですべてハ長調を基調として書かれており、実に素朴でひなびた味わいをもつ。
お世辞にも名曲とはいえないが、ところどころに後年の彼らしい鮮やかな転調が見えるのが何とも微笑ましいのだ。
 
ブルックナーは全部で3つの「アヴェ・マリア」を遺した。
それらの中で唯一、独唱用に書かれているのが上に挙げた「アヴェ・マリア」である。
4分程度の小品だが、その筆致はぐっと熟達の度を増している。
(作曲年代としては「第7交響曲」と同時期)
旋律線・和声ともにえも言われぬ神秘性を帯び、繰り返し聴きたくなる麻薬的な魅力を感じるのだ。
 
ブルックナーといえば “重厚長大” のイメージがどうしてもつきまとうが、彼の生涯と足跡を俯瞰しようとするとき、こうした宗教的小品を見逃すことはできないと思う。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:59| Comment(0) | 日記

2018年08月30日

コーヒーライフの新しい仲間

 
 
 
わが家に
新しいドリップポットがやってきた。
その名も「雫」。
 
 
これまで使っていたケトルも比較的細めの注ぎ口だったのだが、さすがにこれは専用のものだけあってとっても楽に湯を細く落とすことができる...そして湯量の安定感も抜群!
 
 
愛用の温度計と。
 
 
僕のこだわりは
湯の注ぎ方と湯温だ (83-84℃)。
 
 
これからも
珈琲道を究めるぞ。(´∇`*)
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:54| Comment(0) | 日記

2018年08月27日

Leven voor Muziek ?音楽に生きる?

 
 
8月26日はヴォルフガング・サヴァリッシュさんの誕生日(1923年生)。
フランスの詩人ギヨーム・アポリネールも同じ日だったのだと先ほど知りました(1880年生)。
 
そして...
不肖ワタクシもまた。
未だなすべき努力がまったく足りておりませんが、人として、また音楽に仕える者としてこれからもより善く生きたいと念じております。
 
今日はプローべが二つ。
ベートーベン、ハイドンそしてベルリオーズ...美しい音楽&よき仲間とともに満ち足りた一日を過ごしました。
 
地元に帰って、
ペペロンチーニとリモンチェッロで乾杯!
 
 
 
みなさま、
今後ともどうぞよろしくお願いします。
 
小澤和也
posted by 小澤和也 at 00:37| Comment(0) | 日記

2018年08月17日

ペーテル・ブノワの誕生日に

 
 
 
きょう8月17日はフランデレンの作曲家ペーテル・ブノワ (Peter Benoit, 1834-1901) の誕生日。
 
世代的にはブラームスとほぼ一緒。
セザール・フランクと同じベルギー生まれ。
(フランクはワロン人だけれど)
祖国にまつわる伝承・伝説に立脚した作品を遺したという意味ではシベリウスと共通する一面も持つ。
 
 
後半生をアントウェルペンでの音楽教育に捧げたため、作曲家としてはほとんど知られていない。
母国ベルギーにおいてですら、彼の作品が取り上げられる機会はそう多くないという。
 
ブノワは生涯のうちに幾度となく作風を変え、その最後は多分に啓蒙的・国民主義的なスタイルとなった。
(それゆえ、純粋な芸術性や普遍性に乏しいという印象が拭えない)
しかし、そこへ至る以前、特に30歳代初め頃までに書かれた作品はもっと知られてよいと思う。
『宗教曲四部作』(1.クリスマスカンタータ 2.荘厳ミサ曲 3.テ・デウム 4.レクイエム)、『フルートと管弦楽のための交響詩』、『物語とバラッド集』(ピアノ独奏曲) etc.
 
十数年前に彼の『荘厳ミサ曲』『レクイエム』を知って以来、ブノワの生涯、そして音楽を究めることは僕にとってのライフワークとなった。
 
Gefeliciteerd, beste Peter!!
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:54| Comment(0) | 日記

2018年08月15日

ご来場御礼

 
 
東京農工大学グリークラブ 第38回演奏会、おかげさまで無事終演。
 
農工グリーとして今回初めて使用した府中市市民活動センタープラッツ・バルトホール。
空間上・設備上の制約でアコースティックなホールトーンを出せないところを、高度なデジタル音響技術によって補うというユニークな施設である。
体験した感じでは、全体の雰囲気としてはまずまず、ただしよく聴くと弱音時の残響の不自然さが気になった。
 
 
 
今回メインで取り上げた多田武彦の『木下杢太郎の詩から』、なかなかの難曲であったが個人的には得るところのとても多い作品だった。
楽譜を読み込んでいく中で、杢太郎の詩に込められた情感と多田武彦の音楽のそれとが美しく調和する部分を見つけるたびにこのうえない幸せを感じたものだった。
若きグリーメンがこの作品を掴むにはあともう少し時間が必要だったかもしれないが、それでも大健闘だったと思う。
 
女声ステージの「アカペラ・セレクション」では、”メンバーの歌いたい曲“ という純粋かつシンプルな基準で選曲を行った。
結果、テンポや曲想の似かよったものが並んでしまったきらいはあったのだが、最終的には彼女らの熱意がそんな懸念を払ってくれたように思える。
次回はぜひオリジナルの女声合唱曲に挑戦してほしいところだ。
 
ちょっと変わった試みとして、曲間にお喋りを挟みつつ伝アルカデルト、バード、ヴェルディらの “Ave Maria” を歌う混声のステージを置いてみた。
実はこれ、僕がどうしてもやりたかった企画である。
日頃もっぱら邦人作品を歌うことの多い彼らに、ぜひとも西洋古典音楽に触れてほしかったのだ。
出来映えには課題が多く残ったが、一つの挑戦として取り組んだ価値はあったのではないかと思いたい。
 
ご来場くださいました皆さま、そして応援してくださった皆さまにも心より御礼を申し上げます。
これからも農工グリーをどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
次回演奏会は
2019年8月11日(日)宮地楽器ホール
での開催を予定しております。
 
 
posted by 小澤和也 at 01:06| Comment(0) | 日記

2018年08月02日

8月1日の記憶

 
 
 
きょうは終日オフ。
運転免許証の更新のため警察署へ。
平日午前にもかかわらずけっこうな混雑だ。
 
受付を済ませ次の講習が始まるのを待っていると、窓口に娘さん&お孫さんに付き添われた老紳士の姿が。
やり取りを見るにどうやら免許の返納にいらしたご様子。
婦警さんが手続きの流れを丁寧に説明していらっしゃる。
その応対ぶりには老紳士へのやさしさと深い敬意が感じられ、傍目で見ていたこちらもあたたかな気分に。
長年持ち続けて来た免許証を自主的に手放す...ご家族、そして何よりご本人はどのような心境であったろうか。
 
途中聞こえてきた会話がちょっぴり面白かった。
婦警さん
『(老紳士へ) こちらへはどうやっていらっしゃいましたか?お帰りの足は大丈夫ですか?』
娘さん
『(老紳士に代わって) あ、はい、私の運転する車で来ましたので...』
婦警さん
『そうですか!わかりました...いえ、時々ね、“自分で車を運転して来た” って方がいらっしゃるんですよ...でもそうすると、返納したあと帰れなくなっちゃうんですよね〜』
一同 (笑)
 
 
無事に新しい免許証を受け取り、その足で自転車店へ点検のため立ち寄る。
「ブレーキパッドがだいぶすり減ってますね〜」
部品交換に2時間ほどかかると言われ (さてどうしたものか) と思っていたら、修理の間は代車を貸してくださるとのこと。
これは有難いとお願いしたところ...
 
 
出てきたのは所謂 “ママチャリ”。
小径、低いサドル、妙に身体に近いハンドルetc.
久々に乗ったママチャリは漕いでも漕いでもなかなか進まずひと苦労 (苦笑)
昼食を済ませて改めてショップへ出向き、無事に愛車を引き取る。
 
 
夕方。
祇園の舞妓さんがお師匠さんやお茶屋さんに挨拶に回るという「八朔」と呼ばれる行事の話題をTVニュースで見る。
8月1日、か...
不意に高校生時代の記憶が頭をよぎった。
(なぜかは自分でもよく分からないのだけれど)
 
高校2年の僕の夏はちょっとだけ長かった。
この年、吹奏楽コンクールで初めて県大会に出場できたのだった。
あのときの音楽室の熱気を今でも手に取るように覚えている。
部活の指導者であり指揮者であった我がA師 (当時ご新婚)、奥様が第一子ご出産間近だということもあって妙にピリピリとした雰囲気も漂っていたっけ...
 
あれ?
 
長女Mちゃんの誕生日、今日じゃなかったかしら?
違うかもしれない...確かめる手だてもないのだけれど、どうしてもそんな気がしてならないのである。
 
何ということもない、
それでいて静かにエキサイティングな一日でありました。
 
 
posted by 小澤和也 at 00:58| Comment(0) | 日記

2018年07月31日

農工グリーの練習風景

 
 
農学部のある府中キャンパス。
正門から農学部本館を臨む。
(国の登録有形文化財なのだそう)
 
 
ある日の発声練習。
リーダーは学生指揮者Hさん。
 
 
またある日の男声練習、休憩時間。
音の確認に余念のないメンバー達。
ところで...
この練習室にはピアノが何台あるのだろう?!
 
 
そして今日。
ぷー が迎えてくれました。
 
演奏会まであと半月。
学業で多忙な中、グリーメンは自分たちの音楽を懸命に追究しています。
 
 
東京農工大学グリークラブ
第38回演奏会
2018年8月12日 15時開演
府中市市民活動センタープラッツ
バルトホール
 
みなさま、どうぞおはこびください。
posted by 小澤和也 at 22:38| Comment(0) | 日記

2018年07月13日

メロディスト・バッハ

 
 
18世紀前半、バロック音楽の最円熟期においてポリフォニーの語法を究め尽くしたバッハ。
音楽芸術を「神との対話」と考え、作曲に際して宗教的な視点を終生忘れることのなかったバッハ。
『バッハの音楽は、感覚の表層から深奥にまで届く、限りなくふところの深いものである。それだけに、それを究めてゆくためには、一定の知的な努力は避けて通ることができない。』
(礒山雅著「J.S.バッハ」より)
 
偉大な作曲家だということは解っている、だけれどどうにも近づき難い...
これが一般の方々の抱くバッハのイメージなのではないだろうか。
 
 
先日、とあるきっかけから「マタイ受難曲」の名アリア『憐れみたまえ、わが神よ (Erbarme dich, mein Gott)』を繰り返し聴く機会があった。
聴きながら、その日の僕はこんなことを考えていた。
[もし仮にこの歌詩や対訳を詳しく知らなくとも...聖書に立ち返ってその意味を解さなくとも...純粋にこの “旋律” に触れるだけでこれほどにも心が豊かになるのだな...]
 
そう、バッハは単に「対位法の大家」だっただけではない。
バッハはメロディストでもあったのだ。
(今さらここで力説することでもないけれど)
 
 
そんな今、僕の頭の中を流れる “メロディアスなバッハ作品” たちをランダムに挙げてみる。
 
・カンタータ第82番「われは満ち足れり」
〜『まどろめ、疲れた目よ』
目下 “イチオシ” である。
弦楽合奏と通奏低音によるたおやかな伴奏にのってバス独唱が歌う旋律はさながら子守歌のよう。
テキストも当然ながら深い意味を有するのだが、それを知るのはこのアリアを好きになってからでも遅くない。
 
・管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068
〜エア
言わずと知れた名曲。
僕が最初に好きになったバッハ作品のひとつ。
リヒター指揮のレコード (A面が組曲第2番だった...こちらも名演)、何度聴き返したろうか。
 
以下、タイトルのみ。
・パルティータ第1番変ロ長調BWV825
〜プレリュード
・フルートソナタロ短調BWV1030
〜第1楽章アンダンテ
・フランス組曲第5番ト長調BWV816
〜サラバンド
 
他にもブランデンブルク協奏曲第5番、有名なシャコンヌ (無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番)、平均律クラヴィーア曲集中のいくつかのプレリュードなど。
(これらの作品は多分にポリフォニックな要素も帯びているが)
 
 
こんな「入口」があってもいいと思う。
...バッハの世界へようこそ!
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 01:53| Comment(0) | 日記