2019年10月22日

合唱団あしべの皆さんと

 
第41回 江戸川区合唱祭に
合唱団あしべの皆さんと出演した。
(10月20日、船堀タワーホール 大ホール)
 
今年の曲目は
§ 四季の雨 (文部省唱歌)
§ はたおりむし (新実徳英)
§ いのちの記憶 (二階堂和美)
 
 
昨冬から歌い始めた「四季の雨」。
素朴な味わいの旋律、そして情感のこもった歌詞があしべの声にぴったりではないかしらとずっと思っていた曲である。
 
「(歌の中で) はたおりむしが弾いてた楽器、何だと思われますか?」
レッスン中にこう尋ねたことがあった。
メンバーの意見は「ヴァイオリン」でほぼ一致。
(もちろん僕も)
「ではここの “たーらっららー...” のくだり、ヴァイオリンの節回しみたいに歌ってみましょうか」
その日から歌が急に良くなった。
〜あの瞬間はほんとうにうれしかったなあ...
 
映画『かぐや姫の物語』のエンドロールで流れる「いのちの記憶」も、一聴して (あしべで歌ってみたい!) と直感した歌。
技術的には難しいポイントがいくつもあったが、メンバーの詞への想いの強さがそれらを充分補ってくれていたように思われる。
 
 
ステージを無事終えて、満面の笑顔。
 
あしべ指導陣の貴重な(?)3ショット!
ピアノ平岡祐子さん(左)、ヴォイストレーナー・ソプラノ坂野早苗さん(中央)
 
 
あしべのステージを聴いてくださった別の合唱団の先生からあたたかいお言葉を頂戴した。
打ち上げの席でそのことを伝えると、一斉に「うわぁ!」と歓びの声が上がったのだった。
こうした心の震えと交流が、今後のさらなる励みに繋がるのだろうと確信している。
同時に...
この数ヶ月の努力が報われた瞬間でもあった。
 
 
 
あしべの皆さん、ほんとうにお疲れさまでした、そしておめでとうございます!
次週からまた新しい曲で、楽しく歌いましょう。
posted by 小澤和也 at 19:36| Comment(0) | 日記

2019年10月08日

コーヒーを買いに

 
根を詰めてデスクに向かっていると時間の経過が早い。
気晴らしを兼ねて、コーヒーを買いに自転車で出かける。
 
 
いつも気さくなマイスターがメキシコ/クルスグランデを淹れてくださった。
ああ...美味しい...
 
 
これまでに何度か買い求め、家で飲んでいるメキシコだが、この風味がどうしても出ないのだ。
 
 
店内のBGMはこの日もバッハ。
お馴染みの旋律が時折流れるのだが、大半は初めて聴く曲だった。
「何をかけていらっしゃるんですか?」
と尋ねると、マイスターはにっこりと笑って
「これです」
 
 
『アンナ・マクダレーナ・バッハの音楽帳』だった。
〜こんなにチャーミングな曲集だったのか〜
子供らの教育目的で、また家庭での愉しみのために書かれたものだそうだが、聴いていて実にゆったりとした気分になれる。
 
 
「どうぞ...皮ごとお召し上がりになれます」
マイスターが葡萄を出してくださった。
 
 
鮮やかな黄緑色!
さっそくひと粒頬張る。
甘くて、瑞々しくて、自然と顔がほころんでしまう。
品種名を伺ったのだが...忘れてしまった。
 
 
きょう買い求めたのは上のメキシコと、もう一つ「エチオピア/イルガチェフェ」。
念入りに焙煎され選別された粒ぞろいの豆たち。
マイスターのこだわりが感じられる。
 
 
 
コーヒーとバッハと葡萄と。
ささやかな幸せに溢れたひとときだった。
 
 
さてと...
これを書き終えたらメキシコを淹れるとしよう。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:37| Comment(0) | 日記

2019年09月15日

Belgian Beer Weekend 2019

 
今年も行ってきました、
ベルギービールウィークエンド2019
@六本木ヒルズアリーナへ。
 
 
開場前のアリーナ。
 
 
4:00pm、
まだ客足もまばら。
 
 
定番のフリッツ&ソーセージとともに。
昼呑みの背徳感がたまらない。
 
この日頂いたのは
シメイホワイト、マレッツトリプル、セゾン1858、ルシファー、
そして締めにもう一杯シメイホワイト (*^o^*)
 
 
ベルギービール、万歳!
ごちそうさまでした。
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:49| Comment(2) | 日記

2019年09月04日

専修大学フィル夏合宿 in 河口湖

 
専フィルとの2年ぶりの夏合宿へ。
(9/3-4、河口湖)
 
今回も早めに新宿のバスターミナルへ向かい、ブルーボトルコーヒーにて “気合注入の儀”。
 
 
確かなスキルを持つ方がコーヒーをドリップする姿はいつ見てもほんとうに絵になるなあと思う。
 
 
この日はブレンドコーヒーをオーダー。
Three Africas”、想像以上にダイナミックな味わいだった。
舌の上に強烈な酸味、喉の奥にほのかな苦み、そして鼻腔いっぱいに広がる豊かな香り。
 
 
 
最後列の通路側は荷物も置きやすく、脇を人が通る気遣いも不要と知る...実に快適。
 
 
定刻に河口湖駅到着。
今回のお宿は初めてお世話になるところ。
照明が少し暗かったが、ほどよい残響のゆったりとしたスタジオだった。
 
休憩中の一コマ。
 
 
曲目は
ヴェルディ:「ナブッコ」序曲
ビゼー:「アルルの女」第2組曲
カリンニコフ: 交響曲第1番ト短調
 
どれも素晴らしい作品、じっくりと取り組むに値する名曲である。
これから専修フィルの皆さんとの豊かな時間が始まる。
とても楽しみだ。
 
 
食後。
居室でのリラックスタイム。
今回のお供はブラジル/オーロ・ヴェルデ。
 
 
皆さん、お疲れさまでした。
またキャンパスで会いましょう!
posted by 小澤和也 at 23:54| Comment(0) | 日記

2019年08月28日

ケルテス生誕90年

 
きょう8月28日は
イシュトヴァン・ケルテスの誕生日。
1929年生まれ (ドホナーニ、ハイティンクらと同年) であるから、今年で生誕90年ということに。
 
 
最近入手したCDをじっくりと聴くことにする。
 
 
ドヴォルザーク/チェロ協奏曲ロ短調
ピエール・フルニエ独奏
スイス祝祭管弦楽団
(1967. 8.16. ルツェルン音楽祭ライヴ)
 
 
ケルテスはこの曲をセッション録音していないのでこれが初音源となる。
ドヴォルザークは言うまでもなく彼にとって得意のレパートリー。
第1楽章冒頭、独奏チェロが入ってくるまでの3分間余り、ケルテスの棒のもとでの管弦楽が実に雄弁だ。
ケルテスは特に何か変わったことをしているわけではないのだが、よく聴くと細かなアゴーギクを駆使しており、しかも楽節ごとのテンポの移行が実にスムーズなのである。
 
フルニエの弾くドヴォルザーク、僕はこれまでクーベリック(1954年)、およびセル(1962年)と共演したセッション録音を聴いているが、このライヴ盤では当然ながら一層闊達で熱のこもった演奏を繰り広げている。
そして、それに見事に寄り添っているケルテスの棒の巧みさ!
 
ケルテスはほんとうに “合わせ物”が上手い!!
 
 
CDケース内に収められている2ショット。
共演時のものとすればフルニエ61歳、ケルテスはもうすぐ38歳、ということになる。
 
 
「プラハ」「ジュピター」、ベートーヴェンの奇数番交響曲、シューマンの交響曲 etc.
ケルテスで聴いてみたい曲はまだまだたくさんある。
英BBC、あるいはイスラエルあたりに録音テープが眠っていないものかしら...(´-`*)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:58| Comment(0) | 日記

2019年08月20日

ご来場御礼

 
 
 
東京農工大学グリークラブ 第39回演奏会、
おかげさまで無事終演しました。
(8月11日、小金井宮地楽器ホール)
 
 
 
第1ステージ:
男声合唱組曲『秋の瞳』(八木重吉/松下耕)
 
第1曲「貫ぬく 光」冒頭の和音が決まった瞬間に僕はこのステージの成功を確信した。
学指揮K君、GJ!
 
 
第2ステージ:
女声合唱組曲『ねこに こばん』(まど・みちお/大田桜子)
 
少人数ながらホールの美しい残響を味方につけ、清々しい歌声を聞かせてくれた。
学指揮Sさん、そしてピアノの後藤佐和子さん、ありがとう。
 
 
第3ステージ:
女声合唱のための『湖国うた紀行』(松下耕)
 
実にチャレンジングな選曲であった。
特に「甲良の子守歌」と「船おろし歌」は作品全体を俯瞰するのが難しく、曲の “かたち” を掴むのに皆苦労していた。
それでもコツコツと積み重ねつづけ、変化が見え始めたのは演奏会一週間前...ここからの進化は凄かった!
本番での彼らの自信に溢れた歌声は僕への最高のプレゼントのように思えたのである。
 
 
第4ステージ:
さくらももこの詩による無伴奏男声合唱曲集『ぜんぶ ここに』(さくらももこ/相澤直人)
 
曲想、そして詩の味わい、いずれもが今年の農工グリーメンのキャラクターにぴたりとはまった...まさに選曲の勝利!
稽古を重ねるごとにメンバーがこの歌を好きになってゆくさまが手に取るように感じられた。
本番中、(ああ、おわりたくないな) と思いながら終曲「自分のほんとう」を振った...こんな感覚は農工グリーの演奏会では久しぶりのことである。
 
 
 
 
恒例(?)、
演奏会のしおりに記された「当日の持ち物」。
今年はさらにグレードアップしていた!
(3行め)
 
 
 
指揮者楽屋のすぐそばに給湯スペースがあるのを知り、今回はセット一式を持ち込んだ。
〜開演20分前、
楽屋でもマイドリップコーヒーでリラックス〜
 
 
 
舞台監督Tさん、ヘルパーチーフYさんはじめ、この演奏会を支えてくださった皆さま、ありがとうございます。
そして、酷暑の中ご来場くださいました皆さまにも心より御礼申し上げます。
 
 
今後とも東京農工大学グリークラブをどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:23| Comment(0) | 日記

2019年08月17日

ペーテル・ブノワの誕生日に

 
 
きょうはフランデレンの作曲家ペーテル・ブノワの誕生日。
(1834/08/17-1901/03/08)
 
世代としてはブラームス (1833-97) とほぼ同じ、ベルギー生まれということではセザール・フランク (1822-90) と同郷。
その後半生をアントウェルペンでの音楽教育に捧げたため、作曲家としてはほとんど忘れられている...母国ベルギーにおいてですら。
 
ブノワは生涯のうちに幾度となく作風を変え、最終的には啓蒙的・国民主義的なスタイルとなった。
それゆえ、純粋な芸術性や普遍性に乏しいという印象がどうしても拭えない。
しかし、そこへ至る以前、特に30歳代初め頃までに書かれた作品はもっと知られてよいと思うのだ。
特に1858-63年作曲の『宗教曲四部作』は素晴らしいツィクルスである。
 
これまで、市販されている音源は非常に少なく、僕の把握している限り第2曲「盛儀ミサ」および第4曲「レクイエム」が各1種類あるだけであった。
 
『盛儀ミサ』
ラハバリ指揮 BRTNフィル&合唱団
 
『レクイエム』
ルールストレーテ指揮 コルトレイク室内管&合唱団 (LP)
 
そこへ今年、画期的なディスクがリリースされた。
 
『宗教曲四部作・全4曲』
デ・ワールト、ブラビンス&デ・フリーント指揮 アントワープ響、オクトパス交響合唱団他
(2013-17年 コンサートライヴ)
 
Royal Flemish Philharmonic (アントワープ響の旧名称) レーベルの自主制作盤。
 
第1曲『クリスマス』および第3曲『テ・デウム』に関してはおそらく初音源だ。
これを機に、多くの人々の耳に届いてほしいと願うばかりである。
 
Gefeliciteerd met je verjaardag, Peter!
 
posted by 小澤和也 at 23:54| Comment(0) | 日記

2019年08月03日

農工グリー、公演まであと一週間

 
東京農工大学グリークラブとのプローべ、
この日は当日の会場である宮地楽器ホールにて。
豊かな響きをもった舞台空間である。
 
 
 
まずは全員集合してステージ上での発声練習。
僕の中でのこの日のプローべの目的の60%は「ホールで歌うという感覚の体得」である。
普段の練習場と明らかに異なるアコースティックにはじめはやや戸惑い気味のメンバーも次第に慣れてきた様子だった。
 
学生指揮K君、Sさんの振る2曲を僕はこの日初めて聴いた。
§『秋の瞳』 八木重吉/松下耕
§『ねこに こばん』 まど・みちお/大田桜子
いずれも上級生のみによるステージなので人数は少ない (特に女声は6名!) だが、ホールの響きを上手く捉えていてなかなかのまとまりだった。
 
続いて後半のプログラム。
『湖国うた紀行』(松下耕) は滋賀県のわらべうた・民謡を用いた素朴かつ精巧なコンポジションである。
最大で10のパートに分かれる箇所もあり、これを十数名で歌うというかなりチャレンジングな選曲。
前回の練習でもところどころ苦戦を強いられていたようだったが、これまで少しずつ少しずつ組み上げてきた “部品たち” が繋ぎ合わさる、その一歩手前まで到達した印象だ。
(ここへ来るまでが大変だったのだよ!...)
この日の収穫は大きかった。
 
そして『ぜんぶ ここに』(さくらももこ/相澤直人)。
この数週間での進歩が目覚ましく (特に1年生) 、組曲のうちのいくつかはかなりの仕上がりを見せてくれていた。
ここまで来るとさらに欲が出るというものだ...あとひと段階、ブラッシュアップをかけるぞ。
 
 
ホールのロビーに置かれていたチラシ。
こうして見るとやはり異彩を放つデザインであるなあ...
 
 
東京農工大学グリークラブ
第39回演奏会
2019年8月11日(日) 14:00開演
小金井 宮地楽器ホール 大ホール
 
みなさま、どうぞおはこびください。
posted by 小澤和也 at 22:05| Comment(0) | 日記

2019年07月30日

ああ...大人の声っていいなあ

 
津田ゼンガーフェスト 17th Concert を聴く。
(27日 @浜離宮朝日ホール)
 
8年前にはじめて拝聴して以来、ずっとこの合唱団のファンである。
理由は大きく2つ。
まず、指揮の金川先生とメンバーの皆さんとの “音楽を介しての交流” の美しさ。
耳ではもちろんのこと、視覚的にもそれを感じ取ることができるのだ。
もう一点は小介川淳子さんのピアノの素晴らしさ。
歌にぴったりと寄り添いつつ、同時に (指揮とともに) 歌をリードしてゆく...これは “伴奏” という次元をはるかに凌駕していると思う。
 
今回もおおいに楽しませていただいた。
なかでも『立ち止って』(星野富弘/なかにしあかね)、技術的には “易しい” 部類に入るものと思うが、ゼンガーフェストの皆さんは心のこもった歌声でこの作品の柔らかな魅力を客席へと届けていらした。
(この曲、あしべでも歌ってみたいな...)
聴きながらそんなことを考えていた。
 
もう一曲、B.ガルッピ (1706-85) の『詩篇110』も印象に残る。
合唱の澄んだ響きとヴェネツィアの陽光を思わせる曲想とのマッチングが心地よい。
器楽パートは弦楽四重奏+ピアノという独特の編成...これがピアノでなくオルガンであったらば、とは贅沢な物言いだろうか。
 
品格と洗練、そしてある種のゆとりを感じさせる、(ああ...大人の女性の声っていいなあ) と思えるようなコンサートだった。
ご盛会おめでとうございます。
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 13:16| Comment(4) | 日記

2019年07月23日

珈琲道は楽し

 
行きつけの珈琲豆店を訪ねる。
ケニア、マラウィ、ニカラグア、エチオピアetc.
普段にもまして品数豊富、思わず目移りしてしまう...
 
 
「気になるものがあったらおっしゃってくださいね」
マスターのご厚意に甘えて、あれこれ試飲させていただいた。
 
 
さながら理科の実験のよう。
 
爽やかな酸味のハイチ(浅めの浅煎り)、
マスター曰く、今回はほんの少し深めの中煎りにしてみたというルワンダは香りとコクが満点。
そして...トロッとした甘みが強烈なコスタリカ。
マスターが一杯ずつ丁寧に淹れてくださる。
 
 
悩んだ末に今回選んだのがこの2銘柄。
 
 
 
§ルワンダ/ニャルシザ農協・ブフ精製所によるウォッシュト精製
§コスタリカ/ウェストバレー・ジャノボニート地区にあるロマス・アル・リオ精製所によるハニー精製
(グレースとは生産者のお名前だそう)
 
これからも
珈琲道を究めるぞ〜!
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:46| Comment(0) | 日記