2019年04月03日

パナマ・ゲイシャを飲んでみた!

 
 
その希少性と豊かな味わいによってこの十数年のうちに “最高級銘柄” と呼ばれるようになった「ゲイシャ (Geisha)」。
 
とうとう飲むことができた!
 
行きつけのカフェのマスターから留守電が入っていたのは数日前のこと。
「Sさんのお店 (珈琲豆の仕入れ先) になんとゲイシャがありました。買ってきました...さてどうしましょう⁈」
どうするもこうするもないではないか!
〜その日のうちにカフェへ。
 
 
ゲイシャはエチオピア原産の比較的新しい種なのだそうな。
標高や気候などの制約から栽培が難しいとされ、注目されることもなく数十年が経過。
しかし今世紀に入りパナマで上質な豆が生産されるようになり、以来常に高値で取り引きされる最高級品になったとのこと。
 
 
挽いた豆を少量の湯で蒸らす。
むんとした濃厚な香りが鼻にまとわりつく。
口に含むと、まろやかな果実系の酸味が広がる。
そしてややとろりとした、ハチミツのような後味も。
ただし甘みはほんの微かに感じる程度。
 
あらゆる刺激 (苦みを除いて) が、僕がこれまで飲んだコーヒーのどれよりも強烈、しかしそれらの全てが絶妙なバランスの中にある。
これはぬるめに淹れたほうが絶対に楽しめると感じた。
 
ちなみに豆のお値段は...
Sさんのお店の他の銘柄のおよそ4倍。
(それでもゲイシャの価格設定としてはかなり良心的ではないかしら?)
では他の銘柄の4倍美味しいのか?と問われるとソコはソコで微妙なところだが。
 
 
“普段飲み(?)” にするわけにはなかなかいかないけれど、一度は体験しておいて損はない味だと思う。
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 23:46| Comment(0) | 日記

2019年04月01日

令和

 

4月1日、
新しい元号が『令和』に決まった。

その出典は万葉集・巻五、
「梅花の歌三十二首」の序文より。
 
〜初春の令月、気淑(うるは)しく風和らぐ。梅は鏡前の粉(こ)に披(ひら)き、蘭は佩後(はいご)の香に薫る。〜
 
[初春のよき月、気は麗らかにして風は穏やかだ。梅は鏡台の前の白粉のような色に花開き、蘭草は腰につける匂袋のあとにただよう香に薫っている。]
 
(岩波文庫「万葉集(二)」より引用)
 
 
はじめ、音と文字だけを見聞きした際には今ひとつぴんと来なかったのだけれど、出典を知りその意味を理解してゆくにつれ (美しい元号だなあ) と率直に思えるようになった。
 
 
こんなことを書くと「今さら何を」と言われそうだが...
実は先々週くらいから、新元号には “和” の文字が入るような気がしてならなかったのだ。
ごく最近、平成の一つ前の元号にも使われていたにもかかわらず、である。
だから『令和』と聞いた瞬間はしばらくドキドキが止まらなかった。
 
 
日常生活の中で僕はもっぱら西暦を用いている。
それでも、「平成◯◯年」といった呼びならわし方をももつ現在の日本の暦のありかたは嫌いではないな。
 
うまく説明できないけれど。
 
 
自分の名前の漢字を (電話などで) 相手に伝える際にはこれまでずっと
「“かず” は...昭和の和です」
と言っていた。
これからは「令和の和です」と得意顔で説明することにしよう。
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 22:54| Comment(0) | 日記

2019年03月19日

ご来場御礼

 
 
立川市民オペラ公演2019『喜歌劇 こうもり』、二日間の公演が無事終了。
おかげさまで今回もたくさんのお客さまにお楽しみいただきました。
 
稽古風景あれこれ。
 
 
 
 
オルロフスキー・岡村彬子さん、
そして副指揮四人衆。
 
 
僕は今回も合唱のフォローを担当しました。
(“合唱指揮者” ではなかったのですが...)
ご来場のお客様からは決して見えない (見えてはいけない) 位置から舞台上の歌手たちに合図を送り続けるという役目。
 
プローべの最終盤は通し稽古→直し稽古のひたすらな繰り返しです。
今回は「可能な限り簡潔かつ効果的な示唆をもって如何にコーラスのクオリティを磨いてゆくか」という命題を自らに課し、メンバーとコンタクトを取り続けました。
そして...合唱団はその要求に見事に応えてくださったと思います。
 
公演中。
映写室 (通称:金魚鉢) 、オーケストラピットはじめあちこち駆け回るさなかの一瞬をパチリ。
 
 
会場へお運びくださいましたお客さまに改めて御礼申し上げます。
また、(毎度のことながら) 稽古ピアニストの方々、副指揮同僚、そして多岐にわたり合唱団を助けてくださったコーラスサポートチームにも心からの感謝を。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 01:33| Comment(0) | 日記

2019年03月12日

東日本大震災から8年

 
 
 
復興祈願のローソクを灯して。
今年は鎌倉・カトリック雪ノ下教会にて頂戴した。
 
これからもずっと祈りの心を忘れずに、
そして静かに寄り添っていたいと思う。
 
2019年3月11日
 
 
「こうもり」公演を間近に控えてプローべ漬けの毎日が続く。
日曜の稽古の帰り道、たわいもないお喋りがしたくなり、よく立ち寄るピッツェリアへ。
気さくなマスターは僕の駄弁りにいつも付き合ってくださるのだ。
話題はいつしか8年前のあの日のことに。
交通網が麻痺した都市圏での帰宅の苦労、いわゆる「自粛ムード」の中で音楽の仕事が次々とキャンセルされたこと etc.
話してゆくうちに、忘れかけていたあれこれを思い出すことができたのだった。
...マスターに感謝。
 
そして今日。
14:46はオーケストラピットの中で迎えた。
一見当たり前のことが決してそうではないのだという教訓、大好きな音楽をすることのできる幸せを噛み締めながら。
 
 
 
posted by 小澤和也 at 00:49| Comment(0) | 日記

2019年03月03日

演奏会のごあんない

 
 
今回も真夏の公演となりました、
農工グリーの演奏会のご案内です。
 
 
東京農工大学グリークラブ
第39回演奏会
 
小金井宮地楽器ホール 大ホール(武蔵小金井駅下車すぐ)
入場無料、全席自由

§相澤直人/さくらももこ
無伴奏男声合唱曲集「ぜんぶ ここに」
§松下耕
女声合唱のための「湖国うた紀行」
§松下耕/八木重吉
男声合唱組曲「秋の瞳」
§大田桜子/まど・みちお
女声合唱組曲「ねこにこばん」

小澤和也 (指揮)
金主安、菅原万梨夏 (学生指揮者)

 
みなさま、どうぞおはこびください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by 小澤和也 at 08:57| Comment(0) | 演奏会情報